自由の女神Coco

憧れの自由な生活を得るための情報

保険

相互保険会社と株式会社の保険会社って何が違う?

投稿日:

保険会社には、相互保険会社と株式会社があることをご存知でしょうか?

おそらくほとんどの方が「保険会社」としてひとくくりで認識しているかと思います。

ただ、相互保険会社と株式会社では同じ保険会社でもまったく異なってくるのです。ここでは、その違いについてご紹介していきたいと思います。

 

相互保険会社と株式会社の違い

保険会社というとほとんどの方が株式会社を思い浮かべるでしょうし、相互保険会社というのは聞き慣れないし、見慣れないという方も多いでしょう。

 

実は、この相互保険会社というのは、保険会社にのみ認められている会社の在り方なのです。

 

海外ではまた事情も違ってくるでしょうが、基本的に日本では保険業法によって保険会社にのみ相互会社が認められているのです。

 

では相互保険会社と株式会社にはどのような違いがあるのかという話なのですが、

 

会社形態

まず相互保険会社は保険業法に基づく非営利法人になります。つまり、営利を目的としていない法人ということです。

 

それに対して、株式会社というのは会社法に基づく営利法人になります。

 

文字通り、営利を目的とした法人という形になります。

 

保険業法と会社法という違いもありますし、営利を目的としているのかしていないのかといった部分での違いもあります。

 

構成員

また、構成員においても違いがあります。相互保険会社の場合、構成員は社員になります。

 

この社員というのは、会社勤めをする社員という意味合いではなく、保険契約者のことを指します。

 

一方で、株式会社の構成員はご存知のように株主となります。相互保険会社における社員もこの株主と同じような意味合い、ニュアンスを指します。

 

資本

さらに、相互保険会社と株式会社では資本の面でも違いがあります。

 

相互保険会社の場合、資本は基金拠出者が拠出する基金なのですが、これは簡単に言ってしまえば他の企業などからお金を出してもらうという形になります。

 

ただ、そのお金は一定の期間内に返済しなければいけません。一方で、株式会社の資本というのは、株主が出資した資本金となります。

 

 

意思決定機関

そして、意思決定機関においても違いがあります。

 

相互保険会社の場合、意思決定機関というのは社員総会になります。

 

これは総代会とも言われています。

 

一方で、株式会社における意思決定機関というのは、テレビのニュースなどでもよく見聞きする株主総会が挙げられます。

 

利益還元法

あとは、利益が出たときの還元の仕方も違ってきます。

 

相互保険会社の場合には、利益が出ると余剰金という形で契約者に還元することになります。

 

このとき還元するのは契約者のみですので、契約者にとってはとてもありがたい部分です。

 

一方で、株式会社で利益が出ると契約者だけではなく、株主にも配当として還元する必要があります。

そのため、どうしても還元される利益が分散されてしまう部分があります。

 

 

相互保険会社と株式会社、それぞれに魅力はあるものの……

相互保険会社と株式会社には、それぞれに魅力があります。

 

特に、利益の還元に関しては契約者にのみということもあり、契約者としてはありがたい部分もあるのです。ただ、相互保険会社に関しては問題点もいくつか出ています。

 

相互保険会社の問題点のひとつが意思決定機関である社員総会です。

 

「株主総会と同じようなものでしょ?」と思っている方もいるかもしれませんが、実は規模がかなり違ってくることになります。

 

というのも、相互保険会社における構成員としての社員というのは、それこそ数千万人規模となることもあるのです。

 

そうなってくると、株主総会のような形で進めることは難しくなります。

 

そのため、社員の中から総代と呼ばれる代表者を選んで総代会をおこなっていくことになるのですが、一定の流れをくむ総代が総代会に参加することによって総代会そのものがきちんと機能しなくなってしまう部分があるのです。

 

保険に関しては保険金の不払いなどが問題になっていますが、それにもこの総代会が関係しているとも言われているのです。

 

こういった相互保険会社ならではの弱点といったものが注目されるようになり、相互保険会社から株式会社に移行する保険会社が多くなっているのです。

 

もちろん、株式会社へと移行することによって保険会社もより自由に商品やサービスを提供できるようになり、現在のような競争の激しい業界に至っているといったところでしょう。

 

より安い保険といったものが求められている中で、あえて相互保険会社を選ぶ必要性というのはなくなっているのかもしれません。

-保険

関連記事

保険の仕組み・事故発生が多くても利益が出る保険会社の仕組み

保険会社はどうやって利益をだしているのでしょう?   毎月僅かな金額の積み立てで、何故イザとなった時に大きなお金が出てくるのか、そんな保険が不思議でした。   そんな身近なのに意外…

続きを読む

高額な医療保険は必要?公的保険から考える医療保険不要論の背景

医療保険というのは、やはり高額になりやすいものです。   医療保険に限った話ではないのですが、よくわからないままに保険に加入しているという方は少なくありません。   そういった方の…

続きを読む

充実した日本の社会保険制度をわかりやすく解説。医療保険見直しで節約

日本の保険制度って結構かなり恵まれています。 最近医療保険について学ぶ機会があり、日本の社会保険制度についても見直しました。   その保険制度を知ると家計を節約することも出来ます。 &nbs…

続きを読む

積立保険と掛け捨て保険との違い、どちらが得?

テレビコマーシャルをはじめ、保険に関しては本当にさまざまな媒体で宣伝広告がなされています。   そのため、嫌でも保険について考えさせられてしまいます。   ただ、保険というのはいざ…

続きを読む

先進医療特約とは?その仕組みや実態から必要性を考える

保険のテレビコマーシャルはかなり頻繁に見聞きするものですが、その中で「先進医療特約」という言葉に見覚えや聞き覚えがあるという方も多いのではないでしょうか? 何となくどのようなものかわかっているものの、…

続きを読む